top of page

自然療法医学、代替医学、伝統医学・療法専門職団体

自然療法医学、補完代替医学専門職
ダウンロード (1).png
日本自然医学療法学会.jpg
808-0.jpg

WHO:第74 回世界保健総会(WHA)2021年において、
World Health Organization: World Health Assembly

WHA の⽂書では初めて、患者中⼼のユニバーサルヘルスケアの推進アジェンダの要件として、
自然医学療法等 が直接盛り込まれました。

2023年、WHO伝統医学戦略(補完医学含む)の継続2025年(2025年より新たな戦略策定)
WHA世界保健総会76回にて2025年までの継続決定及び以下の決定。

​と同時にユニバーサル・ヘルス・カバレッジの強固な基盤としてのプライマリ・ヘルス・ケアを目指して医療システムを再調整する
「すべての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる」
1978年におけるアルマアタ宣言にて
現実的で科学的妥当性があり社会的に許容可能な方法論と技術の基づいており、コミュニティにおける個人と家族が彼らの完全な参加を通して普遍的にアクセス可能で、自己決定の精神に基づいて発展のすべてのステージにおいてコミュニティと国が維持することが可能なコストで提供可能な、必要不可欠なヘルスケアと定義。

いままでの現代医療(アロパシー)だけではなく、伝統・補完(自然)・統合医療等のサービスを公的に平等・公平・公正に対応する。

bottom of page